Café de Yumi

ドイツでオルガニスト生活

オルガニストって?そしてパイプオルガンって?

あーっという間に7月も後半、更新をしないまま...1ヶ月以上経過😓

私の住むSaarbrückenからStuttgartを行き来する生活は思ったより大変。。。特にこの1ヶ月はなかなかハードで🎸⚡️

新しい環境での厳しいレッスン、コンサート、マスタークラスなどなど立て続けに押し寄せ毎日必死💨 でも、今となってはその分充実 してたなと思え、やっときた夏休みは次に繋げていく作業♪

ってなわけで、ただ今、1年ぶりに日本に帰国し休暇、充電中💛

 

ところで、オルガニストってなんなのかなぁって思いますよね...クリスチャンであるならば、教会でオルガンを弾く人ということは知られていても、クリスチャンが少ない日本では、オルガニストってパイプオルガンを弾く人というより、どちらかというとリードオルガン(その昔小学校にあった)を弾くこ人のことをオルガニストと呼ばれ、しかもパイプオルガンを見たことがない方がほとんど。

f:id:yumi-o:20190720085050j:plain

Merseburg Dom - LadegastOrgel

 

ヨーロッパには教会がそこら中にあってオルガニストがいて、パイプオルガンがあるのが当たり前、そんな環境の中では、なになに、オルガニストってなに?なんて疑問も生まれず、『あ、大学のオルガン科、教会音楽科で学んでます。』と自己紹介しても、全く違和感はなく、ピアノ科や声楽科と同じような印象。

そう、ヨーロッパでは、オルガニストと言われる音楽家が日本でいうピアニストのようにたくさんいます。それは、もちろん、キリスト教の影響で、礼拝でパイプオルガンを弾き、専門て的な技術、知識がある演奏者が必要。ドイツに限っては教会音楽科B(学士)A(大学院)という専科が大学にあり、教会音楽家を養成。

Borgentreich Barockorgel

パイプオルガンの演奏台 

これはパイプオルガンの演奏台とパイプの音色を決めるレジスターと呼ばれるノブ。パイプはこの演奏だいの上、横、背中にもあって、どデカすぎて写真には納められません。この鍵盤の横や上についてあるノブは、音を出したい種類のノブをひくと音が出て、そのノブをたくさん引いて重ねると壮大な響き、もしくは ‘1人でオーケストラ’ のような響きにも。

 

f:id:yumi-o:20190720110050j:plain

 

オルガニストやオルガンの歴史はまたいつかにして、オルガニストでみんながよく知っている音楽家といえば、ヨハン・セバスチアン・バッハ。この写真に偶然にも上の方の写真には楽譜が写ってます(笑) 彼のオルガン曲といえばトッカータとフーガニ短調やフーガのト短調が日本では有名。でも、ヨーロッパではどちらかというとほとんど弾かれない楽曲。。。日本でだけ有名(笑)

 

ja.wikipedia.org

パイプオルガンは、その名の通り、パイプがあるオルガンで、鍵盤は手鍵盤と足鍵盤があり、手鍵盤はピアノと変わらないのですが、白鍵と黒鍵が反対。機能的にはピアノのようにハンマーがあって鍵盤を押すと弦を打つ打楽器のようなものではなく、パイプの弁が開いて空気が入る、むしろ吹奏楽器のような機能。足鍵盤は、両足の足の先とかかとで鍵盤を押して、手のように演奏します。どんな感じになるのかなぁって思いますよね。

世界で、現在は日本で大活躍の石丸由佳さんの素晴らしい演奏を!

www.youtube.com

 

日本にはドイツ、フランスなどで研修を積んだ優秀なオルガニスト達が実はたーくさんいらっしゃいます。

 

ヨーロッパでは、オルガンの演奏だけでなく、即興というテクニックも大切。なぜかって、礼拝では賛美歌を伴奏するので、その賛美歌をみなさんに歌ってもらいやすくするために前奏を考えて弾かなければなりません。調性、ハーモニー、テンポをしっかり考えて、みなさんが歌う賛美歌に少し装飾したりメロディーを基にして自由にプチ作曲。カトリックの教会のオルガニストは、ミサの始まりから終わりと、規模が大きめの即興演奏を要求されます。

 

下は、シュトゥットガルト音大の即興演奏の教授、ヨハネス・マイヤー先生の即興演奏。

聴衆が賛美歌を選択し、その場で考えて演奏してます。もちろん、音色も演奏中に考えます。ご覧のように、演奏中に演奏しながら横についている沢山あるノブから選び引っ張る、この器用にノブを引っ張るの、難しいんです。。。

この時は、何曲か賛美歌をリクエストされたみたいで、メドレー風になってます!

 

www.youtube.com

 

 

ということで、オルガニストはパイプオルガンをこんな感じで演奏してます。

というのが少しわかっていただけましたか?

 

今日はこの辺で、お邪魔しました☺️♪

日本滞在も楽しみながら、またブログを更新します🍀

 

 

 

 

世界遺産マウルブロン修道院でオルガンコンサート

世界遺産、マウルブロン修道院

みなさん、ドイツにある世界遺産ってどれだけ知ってますか?

f:id:yumi-o:20190601053023j:plain

 

私は、旅、観光、しかも世界遺産を訪ねるのがとっても好き!結構知っている方だと思っていたのに、ドイツの世界遺産ってノイシュバンシュタイン城とかケルン大聖堂ポツダムバンベルクとかくらいで、意外と知らなかったことに、いや、ドイツに世界遺産がたくさんあるのに日本では意外と有名じゃないことに気づきました。

私の、住んでいる、Saarland【ザールラント州】も、電車で、3駅くらいのところVölklingen【フォルクリンゲン】、来るまで1時間半のTrier【トリヤー】というところに、ドイツでは有名な世界遺産があります。

ja.wikipedia.org

今日は、その中でも、世界遺産のマウルブロンの修道院というところに行ってきました。といっても目的は、私の尊敬するオルガニストである師匠のコンサートへ、目的は観光ではなかった....のに行ってみて、とても素敵なとこ。

 

マウルタッシェ

その修道院よりも、ドイツで有名なお話が。ドイツのSchwaben料理【シュヴァーベン郷土料理】が有名で、その料理の名前の由来を知ってるから修道院が有名に(ドイツでですけど)なってるのかなと。

ドイツの郷土料理、Maultasche 【マウルタッシェン( 本当はマウルタッシェ…でもWikipedia で調べたら日本語ではなぜか複数形になっていたので、ここでは日本語にあわせて) 】たるもの見たことあるでしょうか?

最近は、日本にもドイツレストランがあるけれど、どちらもきっと知らないですよね....私だって、ドイツに来るまでは知らなかった。

このMaultascheたるのも、ドイツのスーパーでは大体お見かけするんです。いうならばドイツのラビオリ、日本でいう餃子みたいなの。でも大きさは、ドイツサイズ、デカイんです。tascheってドイツ語で鞄とか袋っていう意味で、マウルの袋!料理を見たら、ほんとだ。。。って思います。小麦粉で作られたパスタのような生地の中に、豚のひき肉が入ってるんです。

四旬節といって、復活祭の46日間の間のことを言うのだけれど、キリストの復活がなしとげられるまでは教会ではお肉を食べることができなかったんですね。そこで、ある修道女から....耐えきれなかったのか、料理中にそれではお肉を生地に隠してしまえば神様にわからない!と言うアイデアが生まれ、この料理が生まれました。もちろん、みんな食べたかったんですね。笑

 

ドイツでは今でも、もちろんキリスト教の文化が根付いてます。でも、そんなキリストに背くような話、歴史がむしろ有名になり、今でも郷土料理として愛されているのも、ドイツ人のポジティブでユーモアのある性質が映し出されているような気がします。

 

料理は実は、5年前に一度来て食べたのだけど、今回は食べる時間がなかった....ので、マウルブロンと言うところがどんな感じなのか。。。

 

f:id:yumi-o:20190601053159j:plain


 修道院の入り口付近、中は、昔のまま、入って見学できます

 

f:id:yumi-o:20190601053313j:plain

広場にある噴水

暖かく、休日だったため、たくさんの人!

 

パイプオルガンコンサート

そして、楽しみだったコンサート。

ドイツの教会には、ほとんどの教会にパイプオルガンが設置されていて、礼拝を執り行うには欠かせない大切な楽器。日本では、教会より大きなコンサートホールに入っていることが多いかな。

J.S. Bach【ヨハン セバスチャン バッハ】はみんな知ってるだろうし、彼は、作曲家として知られていますが、オルガニストカントールでもありました。

今日は、バッハや、リスト、メシアンなど、このパイプオルガンでは、いろんな時代のたくさんの可能性があって弾けるんだよっていうプログラムでした。

色々紹介したいのですが、まずはパイプオルガンの紹介ですね。

次回は、パイプオルガンについて書いてみようと思います。

 

f:id:yumi-o:20190601053805j:plain

コンサートは、もちろん素敵でした🎶
 

 私ももっとがんばるぞー!

引っ越しパーティー

今日は、Stuttgartにいる友人宅の引っ越ししましたパーティー🎉

友人ちゃんは、とてもいい物件を、ドイツの大都市の中でもとにかーく見つけるのが大変な州ナンバー3に入るくらいのStuttgartで成功!

この数ヶ月、自分達で、お掃除、壁塗り、インテリア、引っ越し作業などなど頑張ってました。

友人ちゃんのセンスが散りばめられた素敵なおうちに仕上がりました🍀

 

ドイツ語では、Einweihungsfeier Einweihungsparty 【竣工式、落成式】

といって、報告やお披露目という意味を込めて親しい友人や親族をよび、この引っ越し完成パーティーするのは大切なんですね。日本で引っ越しパーティーたるもの、なかなかないですよね、友人や親戚と会える、または新しい出会いがある機会でもあって、いい文化だなと思う。

 

f:id:yumi-o:20190530191852j:plain

 

すべて手作りっていうのも、楽しいし

 

 

f:id:yumi-o:20190530192601j:plain

 

友人の友人やら、新しい出会い。そして、飲んで、食べて、おしゃべりも楽しい

 

 

f:id:yumi-o:20190530195149j:plain

友人ちゃん、お疲れさま!

そして、Zum Wohl !【乾杯!】

Blog 開設

初めまして、Yumiです。

ドイツオルガンを弾きながら、主婦、音楽活動、ちょっとした翻訳業をしてます。

Blogたるもの、ずっとやってみたいなぁと思いつつ、やっと開設。

最近まで、勉学に集中していて、楽譜を見る以外は、パソコンに座る時間も見る余裕もなしの生活、約5年...。

いつも、一人で、楽譜の譜読みして、練習して、作曲家と意見交換して(ほとんどの作曲家はすでにいないけど。笑)奏でるという音楽に向き合うのも楽しいしそれがお仕事だけど、実は、基本的に、文字に書いたり、日々のことを発信したり、おしゃべりも大好き。マイペースで続けていきたいと思ってます。

Café de Yumi と名付けたのは、ここで、いろんな人と、いろんな話をして、つながる、集いの場になればいいなと思ってつけました。ドイツ語より、ここはフランス語でおしゃれに。。。笑

 

どうぞよろしくお願いします。

 

f:id:yumi-o:20190526231852j:image

 

最近行った、Stuttgartにある、ビールレストラン Brauhaus "Schönbuch" 

食べるのも飲むのも大好き。久々のSchwaben料理(シュヴァーベン) Kösespätzle (ケーゼシュペッツェレ)美味しゅうございました!